見た目で判断!ロードバイクのエントリーモデル 5選 2021年

ロードバイク

エントリーモデル 5選

店舗やネットで見て選んでみました。試乗はしていませんので完全に外観だけの私見です。結構王道かと思います。比較しやすい様に文字少な目にしました。詳細はリンク先でご確認願います。

SCOTT SPEEDSTER 10 DISC

https://www.scott-japan.com/

今乗っていて気に入っているので選びました。このモデルを乗っている人は結構少ないと感じています。それもまたいいと感じます。みんなとちょっと違うものがいい、質もいいものがいいという人にはお勧めです。

TREK Émonda ALR 5

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

形が好きです。詳しい保証範囲が分かりませんがフレーム生涯保証という自信が凄いと思います。

Bianchi INFINITO XE DISC

http://www.japan.bianchi.com/

現存する自転車メーカで一番古いとされているメーカです。Bianchiのロゴとチェレステカラーがとてもよく似合います。私のまわりは、ビアンキを乗っている方が多いように感じます。

MERIDA SCULTURA 400

https://www.merida.jp/

新城幸也選手(Bahrain Victorious)が駆っているメーカです。形状もシンプルで格好いいと思います。

GIANT CONTEND AR 1

https://www.giant.co.jp/giant21/

シンプルな形状でありながらもスタイリッシュなフォルムが格好いいと思います。コストパフォーマンスもいいです。

リムブレーキタイプのCONTEND SL 1なら更に安いです。

ロードバイク選定の基準

私の5選があなたの感性と合わなかったときの為に、選定基準について書いておきたいと思います。

私が選んだ5台も下の条件で選定しています。

ディスクブレーキかリムブレーキか

流行からしてディスクブレーキ(油圧)タイプがいいと思います。

ディスクブレーキを選んだ時に車輪の軸を固定する固定ボルトのタイプがスルーアクセルと言う物を選ぶといいと思います。

コンポーネント

105がいいと思います。105から上位モデルは11速、Tiagraは10速です。105は上位モデルと完全互換なのでパーツのみの購入で変更が可能です。

価格を下げるには

調べていると思っていた金額よりも数万円高く感じました。購入価格を抑える方法を考えてみました。

同じモデルでもリムブレーキタイプを選択すると安く抑えられるものがあります。

購入後、コンポーネントを変更したり改造したりする考えが無いのであればTiagraやSORAのタイプを選択するのもありだと思います。

実店舗に行ってセール品が出ていないか探してみるのもひとつの方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました