【2023年】エントリーモデルを買うならどれにするか20万円以下で考えてみた

ロードバイク

欲しいロードバイクがある場合は、頑張ってお金を貯めて買うことをオススメします。欲しいロードバイクが高すぎる場合は、グレードを落としたもの、似たようなものを探しましょう。

現在の状況

昨年は、COVID‑19やロシアによるウクライナ侵攻によって、資源高、物価高、エネルギ高が起こりました。自転車市場にも影響し、車体価格の高騰が続いています。今年も、これらの影響があると思われます。

とは言え、状況は少しずつ変わってくることも考えられます。欧米の中央銀行は、インフレ抑制の金融政策を打っています。もっと、小さい所だと1月現在ですが、ジャイアントは、ロードバイクの過剰在庫を認めています。昨年は、何度となく価格改定が行われましたが、今年は緩やかになると予想します。(価格が安くなるのは、難しそうです。安くなるとしても、もう少し年月がかかりそうです。)

10〜20万円で選定

私が、10〜20万円でエントリーモデルを今買うなら「これいいな」と思うものを挙げました。

基準は、価格、重量、メーカー、見た目に重点を置いて選んでいます。

この記事は、リムブレーキ」と「ディスクブレーキ」に分けて、それぞれ「安い順」に並べています。1台目が10万円前後、最後に紹介しているのが20万円前後になっています。

サイズ選び

自転車を購入するとき、シティサイクルはタイヤサイズで、ロードバイク/クロスバイクはフレームサイズで、身長などに合わせて選びます。ロードバイク/クロスバイクはのタイヤサイズは、700C(約27インチ)か650C(約26インチ)と決まっています。ロードバイクは、700Cが一般的です。身長などに合わせて、フレームサイズを選びます。

フレームサイズは、メーカーや車種によって若干ことなりますので、欲しいものが決まったら自分の体に合ったサイズはどれか確認しましょう。

リムブレーキ

TREK DOMANE AL 2

TREK DOMANE AL 2
https://www.trekbikes.com/

トレックのエンデュランスモデル。エントリーモデルとして問題の無い重量です。ロードバイクがどんな感じかを、十分に理解できるロードバイクです。

【ワイズロードオンライン】で「TREK DOMANE AL 2」の詳細を見る。

GIANT CONTEND 2

GIANT CONTEND 2
https://www.giant.co.jp/

ジャイアントのエンデュランスモデル。入門モデルとして最適です。コンテンドは、フレームが共通で付属するコンポーネントの種類で末尾の数字が変わります。

コンテンド 2・・・クラリス
コンテンド 1・・・ソラ
コンテンド 0・・・105

【ワイズロードオンライン】で「GIANT CONTEND 2」の詳細を見る。

CORRATEC DOLOMITI

CORRATEC DOLOMITI R7000
http://www.corratec-bikes.jp/

工業大国ドイツメーカーのコラッテック。日本国内での知名度はあまり高くありませんが、海外ではよく知られているメーカーです。ローカルのプロチームに供給しています。クランク、ブレーキも105が採用されている「完全105組」です。

【ワイズロードオンライン】で「CORRATEC DOLOMITI」の詳細を見る。

MERIDA SCULTURA RIM 400

MERIDA SCULTURA RIM 400
https://www.merida.jp/

新城選手も駆っているメーカーのメリダ。新城選手が駆っていることもあってか、国内で人気のロードバイクです。クランクがRS510の「105MIX」です。重量は8.8kg(Sサイズ)と、このグループでは数少ない9kg切りの1台です。

【MERIDA公式サイト】で「MERIDA SCULTURA RIM 400」を見る。

CANNONDALE SuperSix EVO

CANNONDALE SuperSix EVO
https://www.cannondale.com/

大手のロードバイクメーカーのカーボンフレームで、20万円を切る貴重なモデルです。改造次第では十分にレースでも戦えます。ホイールを変えるだけで7kg台に。

イチオシの理由

カーボンフレームを使用していて、公称重量が8.0kg(サイズ不明)と、今回紹介した中で最軽量です。

今回紹介した中で、私が買うならこれを買うと思います。

【CANNONDALE公式サイト】で「SuperSix EVO Carbon 105」を見る。

GIANT CONTEND 0

https://www.giant.co.jp/

105組のロードバイクが、20万円以下で買える貴重な1台。厳密にいうと105MIXです。ホイールを変えれば、8kg台にもなります。

【ワイズロードオンライン】で「GIANT CONTEND 0」の詳細を見る。

ディスクブレーキ

次に、ディスクブレーキモデルを選んでみました。

特徴として、重量が10kg台ということです。ディスクブレーキタイプのエントリーモデルの宿命みたいなものです。それと殆どが機械式ディスクブレーキです。機械式だと油圧式に比べて、効きが弱いです。最後に紹介したトレックは、油圧ディスクブレーキです。

ディスクブレーキモデルを紹介していますが、重量を考えると、ディスクモデルはミドルグレード以上を購入する方が、個人的にはいいと考えます。しかし、ミドルグレードのものとなると、20万円以下では購入できません。

ディスクブレーキモデルについては、特別な場合にのみコメントしています。

GIANT CONTEND AR 4

GIANT CONTEND AR 4
https://www.giant.co.jp/

【ワイズロードオンライン】で「GIANT CONTEND AR 4」の詳細を見る。

MERIDA SCULTURA 200

MERIDA SCULTURA 200
https://www.merida.jp/

【ワイズロードオンライン】で「MERIDA SCULTURA 200」をの詳細を見る。

SCOTT SPEEDSTER 20

SCOTT SPEEDSTER 20
https://www.scott-japan.com/

流行のフレームジオメトリに加えて、ケーブル類が完全内装されています。かなりすっきりとしていてスタイリッシュです。敢えて欠点を言うなら、メンテナンス性の悪さです。

【ワイズロードオンライン】で「SCOTT SPEEDSTER 20」

TREK DOMANE AL4 DISK

TREK DOMANE AL4 DISK
https://www.trekbikes.com/

今回挙げたディスクブレーキモデルの中で、唯一の油圧ブレーキです。20万円ギリギリですが、ディスクブレーキモデルならこれを購入することをオススメします。

【ワイズロードオンライン】で「TREK DOMANE AL4 DISK」の詳細を見る。

自転車を買ったら

必ず必要になるもの

ロードバイクは本体以外に、ペダルやライトなど必要なものがあります。付帯品の購入費を確保して下さい。

(必要な物の例)
ペダル、ライト(反射板)、スタンド(保管時用)、仏式バルブ用空気入れ、鍵(ワイヤーロック等) etc…

任意保険

昨今自転車も、任意保険の加入が求められています。自転車による対人賠償が1憶円なんていう話もあります。家族が「自動車」の任意保険に加入しているならば、それに付帯させる方法がオススメです。保険に関する記事を書いてますので、気になる方は、読んでみて下さい。

【記事】自転車の任意保険に入りましょう

TEKTOROについて

ブレーキを中心に採用されているテクトロは、台湾のパーツメーカーです。詳しいことは、調べられませんでしたが、多くのメーカーで選定されていることを考えると、価格と性能のバランスがいいのだと思われます。歴史もあります。

シマノのブレーキとテクトロのブレーキを比べたとき、どちらが効きがいいのかと問われれば、シマノのブレーキの方がいいと考えて下さい。

ラインナップにSPECIALIZEDがない理由

人気、品質に問題はないがハードルは高い

最後に、SPECIALIZEDをラインナップに挙げなかった理由について、書いておきたいと思います。絶対にSPECIALIZEDを乗りたいと考えているのであれば、買うべきだと思います。また、SPECIALIZEDの店舗が近くにあって、何かあれば直ぐにお店に行ける環境であれば問題ないと思います。

エントリーモデルを買おうと考えいるが、どのメーカーを買うか決まっていないのであれば、選択肢の優先順位を低く設定してよいと考えています。

理由

ある時期、量販店、個人店を含むSPECIALIZED特約・契約店の大半が一方的に契約を打ち切られました。販売実績などを元にした交渉でも決裂してしまったようです。そのニュースを聞いた直後に、全国各地にSPECIALIZED専門店ができました。大人の事情があると思われますが、今まで販売してくれていた店舗やユーザーを無視した行為に感じました。初めてのロードとしては、あまり向かないのではないかと感じています。

SPECIALIZEDを買うのであれば、ミドルグレード、ハイエンドモデルを買うときに選択肢に入れればよいと思います。

S-WORKS

何度も書きますが、個人的な意見ですし、SPECIALIZEDのフラッグシップモデルのS-WORKSなどは、とても魅力的に思っています。メンテナンスをはじめ、大半を購入店舗に頼るのであれば、事情を知っているだけに躊躇してしまいます。

欲しいものが決まっていない方

何か選ぶ基準を決めるといいと思います。

例えば、、、
「メーカーのロゴが好き。」とか「色は○○色か△△色がいい。」とか「予算は○○万円以内とする。」
とか、言ったものでもいいと思います。

何か決めると、探す基準の様なものができて、それを基準に探していくと、「あれ?このメーカーも案外好きかも。」とか「○○色はロードバイクとしてみるとイマイチだなぁ。□□色の方がいいな。」とか「意外と安いのがあるぞ。」とか、ぼんやりとみるよりも、見えてくるものがあるかもしれません。その選択

更新

定期的に更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました