自動車 国産タイヤと海外タイヤの違い(中華製、韓国製、台湾製)

雑記

中華製、韓国製、台湾製のいわゆるアジアンタイヤって国産メーカのタイヤよりも買い得ですよね。色々履いてきた私が感じたことをまとめたいと思います。

国産タイヤと海外タイヤの違い

価格

基本的には、国産タイヤの方が海外タイヤ(以下アジアンタイヤ)よりも高いです。ネットで探せば、国産タイヤの2~5割位の価格で購入できます。

出数の多いタイヤは量販店でも、かなり格安で購入できます。

バランスウエイトの数

国産タイヤは、2~3個のウエイトを使うなら、アジアンタイヤは、6~8個位使います。倍以上の量のウエイトをホイールに貼り付けます。グレードを問わず、製品精度は圧倒的に国産の方が良いです。

バランスウエイトで調整が出来るので、高速走行しても車内には全く振動は来ません。性能的には問題ないです。

ブレーキ性能

基本的には、国産タイヤの方がよいです。しかし、国産メーカの下位グレードだと、アジアンタイヤの方が性能がいい場合があります。顕著に出るのは、雨天時の制動とよく言われますが、アジアンタイヤでも常識的な走行であれば、滑ったり、制動距離が延びたりと言ったようなことは、感じません。

劣化

国産タイヤの方が若干持ちがいいと思います。一般的にタイヤの寿命は2年と言われています。国産タイヤだと3、4年位は、サイドウォールにヒビは入りませんが、アジアンタイヤは、2年半~3年位でサイドウォールにヒビが入ります。どちらも硬化は2年から始まっていると思います。

アジアンタイヤのスタッドレスタイヤは、3年目から顕著に性能が落ちるのを感じます。

外観

車好きは、タイヤのメーカや種類を結構みています。

いい車乗っているのに、何でアジアンタイヤはいてるんだよ!駄目だよ~。と言われます。

今まで使用したことのあるタイヤ

どれも問題なく使用できています。パンクもバーストも発生したことはありません。

HANKOOK

韓国の企業です。純正タイヤとしても採用されています。アジアンタイヤの中では知名度No.1です。

KENDA

台湾の企業です。自転車用タイヤなど幅広い範囲でタイヤ製造を行っています。

ドイツの検査機関で制動距離テストをした結果を公表しているサイトで、国産タイヤの廉価グレードよりも良い成績をたたき出していました。

NANKANG

台湾の企業です。歴史のある企業でラインナップ豊富です。アジアンタイヤの中ではハンコックに次ぐ知名度ではないでしょうか。

まとめ

お財布に余裕がないときは、アジアンタイヤでも無理な運転をしなければ、十分に機能は果たしてくれます。私は車が新しいときは国産、古くなってきたらアジアンタイヤをよく使っています。

3、4年経った古い国産タイヤなら、1、2年の新しいアジアンタイヤの方が性能がいいと思います。

ネットで買うとかなりお得

ネットで買って持ち込み可のショップに持ち込みましょう。オートバックスやイエローハット等の大型店やチェーン店は持ち込み時の工賃を高くなるように設定しています。タイヤメーカ系販売店も同様です。

ネット販売店が取付店を紹介してくれる場合があります。販売店のページをよく読みましょう。

個人店、中古タイヤ屋、持ち込み専用店などもありますので購入前に作業をしてくれる店を見つけておきましょう。直送可のショップもあります。「自動車タイヤ 持ち込み交換 (地域)」で検索してみて下さい。

ネット通販と言えば、Amazonですが、タイヤを買うイメージは出来ませんので、やはり、以下の2つのどちらかと思います。私は、ヤフオクの店舗で買って、持ち込み専門店で取り付けしています。

Yahoo!ショッピング

楽天市場

取り付け工事

中古タイヤ屋さんでも付けましたが、2回目に持ち込んだ時は、持ち込み価格が導入されて値上がりしていました。価格確認は毎回した方がいいです。「値上げ=やりたくない」ということなので、その場で断っても問題ないはずです。私も断りました。

工賃について

工賃には、タイヤ交換費、タイヤ処分代、プラグ交換費(交換してもしなくてもOK)が掛かります。

タイヤ交換費には、車からの脱着、タイヤの取り外し・取り付け、バランス調整が入っています。

引っ張りタイヤもやってくるショップもあります。保証は無いはずです。

量販店で買ったときの工賃と、大体同じ価格です。

量販店に、タイヤ持ち込みをして、交換する時の工賃は、通常工賃の約2倍です。

受け取ったり、持ち込んだりと手間ではありますが、しっかりと探せばコストパフォーマンスはとても良いです。手間をかけるだけ、お金を節約できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました