新型コロナウイルスとキャッシュレス決済(PayPay)

雑記

電子マネーが国内で普及してきました。そんな時に新型コロナウイルスが世界に蔓延しました。

スポンサー広告

新型コロナの影響

学校が休校になり、不要不急の外出は自粛要請が出ました。

居酒屋には夜間営業自粛、パチンコ店、風俗店等には営業自粛要請が出されました。早い段階で遊園地などの行楽地は自主休業を決めました。大規模な都営公園なども次々に閉園しました。

一方、病院を始め、薬局、スーパーなどの生活必需関係は逆に営業継続の要請が出ました。

子供たちは、近くの公園等活動の制限をうけ、家で食事をするようになります。

スーパー

殆どのスーパーは要請に応じて通常営業を続けました。私がいつも利用しているスーパーも通常営業をしていました。

普段見たことのない人数の客が店舗に押し寄せていました。棚の商品も日に日に減っていきました。

お店の対策も日に日に強化されて行きました。

レジ前での整列待ちの距離間隔が設定されました。色んな商品にカバーがされました。レジ打ちの人との間に透明なシートが貼られ、手袋をするようになりました。

マスクや入店制限なんかは当然です。最後は防護眼鏡をしていました。

利用する側も、客同士の距離や一度手にした商品を戻すことへの抵抗感等ちょっとしたことにも気を使います。

従業員の方々は、それ以上にストレスを抱えていたと思います。

その中の一つが現金の取り扱いだったのではないでしょうか

電子マネーの意外な利点

そんな中、以前から利用していた電子マネーに意外な利点があることに気付きました。

それは、私自身とレジ打ちさんとの間に接触することなく決済を行えることです。

レジ打ちさんは、客がコロナに掛かっているかどうか分からない中、その現金を触ることは結構ストレスだと思います。

更に言えば、客は貰う釣りの中にウイルスがついている可能性だってゼロではありません。

電子マネー決済であればそんなストレスもなかったです。

革命

今までも、産業革命やIT革命と色々な革新的な進歩が起こってきました。

今回の新型コロナウイルスが世界的流行になったことで、多くの物ごとに変革が起こると言われています。

電子マネーもその中の一つになるかもしれません。案外、電子化マネー革命なんて言われる時が来るかもしれません。ちょっと大袈裟ですね。

まだ、アプリを入れていないという方は是非使ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました