ロードバイクと科学

ロードバイク

ロードバイクのペダリングで踵(かかと)は上がっていた方がよいのか?科学的に考えてみた

元プロ選手やトップアマ選手が、ペダリングについて語るときに、「踵が上がっていないとダメ。」とか「踵は上がっていても、下がっていてもかまわない。」とか、色々な意見があります。 では、科学的に考えたとき、どれが正解なのか考えてみました。 角度に...
ロードバイク

ロードバイクのハンドリングを科学する(ハンドル幅変更・ステム長変更)

ロードバイクのハンドルは形状と幅が選べます。ハンドル幅が変わるとどうなるのか、科学的な視点で考えてみたいと思います。 想定 まずは、どんな効果がありそうかをイメージして、それを実際に計算してみたいと思います。 ハンドル幅が狭くなると、、、 ...
ロードバイク

ロードバイクでのペダリングのコツを科学する

「真円を描くようにペダリングするとよい。」「0~90°の区間でペダルに力を加えるのが効率のよいペダリングだ。」とよく言われています。ふと「なんでそう言われているんだ?」なんて、サイクリングをしながら疑問に思いました。 ペダリングを物理学視点...