フィジーク アルゴ テンポ(fi’zi:k ARGO TEMPO R5)を使ってみた(インプレ)

ロードバイク

購入時のサドルでロングライドをしていると、股間が痺れてしまいます。ロングライドをするたびに、気合を入れて、覚悟を決めて出発しています。

高さ、角度、前後位置とサドル調整をしましたが、どれをやっても解決しませんでした。

それでも、ロングライドは楽しいので、もっと気楽に出かけられるように、サドルを変更することにしました。

フィジーク アルゴかシマノ PRO ステルスの2候補の中から、フィジーク アルゴにしました。

サドル沼と言う言葉があるくらい、合うものになかなか出会えない、と言われています。運が良かったと思いますが、ARGO TEMPO R5で、股間の痺れを軽減することが出来ました。

元々ついていたサドルとフィジークのサドルを比較してみました。実際にどんな感じだったのかについても書きました。

スポンサー広告

比較

fi’zi:k ARGO TEMPO R5にしました。

数値

元々付いていたサドルと比較してみました。

スコットの標準サドルはネット上にデータが見つからなかったので全て実測値です。

アルゴを測定してみて同じようにスコットのサドルを測定しました。

フィジーク
TEMPO ARGO R5
スコット
SYNCROS FL2.5
サドル長260mm285mm
150mm135mm
重量241g322g

カーボンレールではないので軽量化は若干と言った感じです。

サイズ感を比較した写真を撮りました。

見た目で、長さ、幅ともに違いが分かります。R5の方が座面が幅広でショートノーズです。

差は100gも無いです。

VENTO ARGO R1 カーボンレールだと186gなので100g以上軽くなります。

fi’zi:k ARGO TEMPO R5

それ以外のデータです。

75mm幅部分の高さ:45mm
ノーズ先端から75mm幅までの長さ:103mm
レール:7×7mm S-Alloyレール

シート幅は、150mmと160mmがあるようです。

インプレッション

一番の目的は股間の痺れ解消です。重量とかは二の次です。

付けつ前、乗る前に触ってみて

100gの差もないのですが、実際に手に持ってみると重さの違いを感じることが出来ます。

クッション性、クッション材の厚みにはそれほど違いを感じることは出来ません。敢えて言うならば、穴があるからなのか、シート表面の材質の関係なのかフィジークの方が若干クッション性があるように感じます。

スコットの標準サドルは「ド」フラット、真っ平です。写真撮り忘れました。

R5はリアが少しアップしていてフロントがフラットになっている感じです。
出来るだけレールが水平になるようにR5の写真を撮ってみました。

後は乗ってみてどんな感じになるかです。

使ってみて改善したこと、しなかったこと

55kmと85kmの約140km使ってみました。

座った時に前のサドルとは明らかに違うということは感じることが出来ました。お尻でサドル全体を覆っている感じがします。サドル上面クッション部分の固さはあまり変わりませんでした。

明らかに改善した点

前のサドルは座った時に、左側のお尻とサドルの接触している所が荷重点となって異常に痛かったです。R5はそれが無くなりました。

この痛みが無くなったことで分ってきたことがあります。体幹の左右差です。これについては後で書きます。

少し改善した?点

そんなに乗っていないのではっきりと言えないのですが、股間の痺れが改善したように感じます。サドル購入の目的にしていたことですが、改善したみたいだ。と、言う感じです。劇的に改善した。とは言い切れないです。

それほど距離を乗っていないこともあると思います。感覚を確かめている所なのでガシガシ踏んでいないこともあると思います。それでも、80km位漕いでいれば確実に痺れていたと思いますので、改善していると思います。

変わらなかった点

改善してくれればいいなぁと思っていたこととして、左側の腰痛がありました。これは改善しませんでした。

長距離を乗っていると、必ず左側の各所が痛くなります。お尻は改善しましたが腰は改善しませんでした。

その他

ポジション

ショートサドルなので座り場所が限定されます。前のサドルは多少前後にずれても座ることが出来ました。これがほぼ出来なくなりました。

ペダリングをしていて、お尻のポジションがズレにくいです。サドル表面の材質の違いなのか、形状の違いなのかは判りませんがポジションがキープされています。

クッションなしパンツ

サイクリング用でない普通のストレッチタイプのチノパンで50km位走りました。平坦なコースを巡航速度遅め(巡航速度27km/h以下)で走りましたが、お尻の痺れは殆どありませんでした。

座った時には結構固いと感じたので、これについては全く予想していなかったのでかなり驚かされました。カジュアルスタイルでも行けそうです。

わかったこと

ポジションを突き詰める

良い意味でポジションが限定されるので、サドル高さや前後位置、水平角度を突き詰めていけば、ペダリングや痛みなど、かなり改善されるのではないかと感じました。

体幹

お尻の痛みと股間の痺れが改善して分かったことがあります。前述した左右の体幹に差があることです。ペダリングをしている時に右側は腹筋を使えている様なのですが、左は右に比べると使えていないことです。

右側は、ペダルを踏み込んだ時に右の外腹斜筋が使えている感じがするのですが、左の外腹斜筋が使えている感じが無く、他カ所の筋肉でペダルを踏み込んでいる感じがします。支えが無い感じです。これが左側の痛みにつながっている感じがします。
(外腹斜筋と表現しましたが実際はどの部分の筋肉が使われているか分かっていません。もっと中にある筋肉かもしれません。)

今までは、痛みがあることで痛みにばかり気を取られてたのですが、痛みが少し改善したことで、この様なことに気が付くことが出来ました。

形状(アルゴ ヴェントとアルゴ テンポの違い)

外観・形状はヴェントの方が好みでした。調べてみた結果、私の場合テンポの方があっていそうなのでテンポを購入しました。

購入する前に調べたところ、選定の判断は骨盤を倒して乗るか、立てて乗るかのようでした。骨盤を倒すというのは、エアロポジションと言われるような前傾姿勢になることを言うと思います。

左:ヴェント  右:テンポ

ローラーに乗ったことによって骨盤を立てて乗ることが出来るようになりました。ローラー練とサドルが痺れにいい様に作用しているようです。

人気自転車パーツ・サイクリング用品通販
【ProBikeKit】でサドルを確認してみる

おすすめ度

穴開き、ショートノーズサドルは、試す価値あると思います。

金属レールを選定した理由

カーボンレールは、単純にサドル自体の価格が高いこと、トルク管理が出来ないので締め付け具合によりレールを破損する恐れがあるので安心して使用できるものにしました。

穴開きショートサドルの効果が、どれだけあるか分からないというのも理由の一つです。

股間の痺れを軽減出来た

今のサドルでどれだけ調整をしても股間が痺れる、と言う人には試してみるのは有りだと思います。

カーボンレールとかだと価格的にアップします。そうなると選択の幅が広がりますのでフィジーク以外を検討してみてもいいかも知れません。

関連記事

知識が得られた時やどれにしようか選んでいる時が一番楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました