通信規格ANT+が搭載されたスマートフォンを発見

ロードバイク

ロードバイクに付けるセンサの通信規格は「ANT+」と言うタイプが採用されていることがほとんどです。

ロードバイクに付けた速度センサや体に付けた心拍計をサイクルコンピュータと連携させて、ロードバイクや身体のサイコン上に数値情報として可視化しています。

サイコンを使っていると、スマートフォンでもできるのでは?と、一度くらいは考えた人もいると思います。

このとき、問題になるのは、ほとんどのスマートフォン本体にANT+通信機能が備わっていないことです。

2021年に発売された「京セラ TORQUE」というモデルがANT+通信機能を内蔵しています。

スポンサー広告

京セラ TORQUE 5G KYG01

https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom
/consumer/lineup/kyg01/

簡単な仕様

サイズ(幅×高さ×厚さ)約75×167×14.8mm
(最厚部20.3mm)
重量約248g
バッテリー容量4,000mAh
充電時間約190分
OSAndroid™ 11
耐衝撃MIL-STD-810H Method 516.8
:Shock-Procedure IV
防水/防塵IPX5/IPX8/IP6X
外部接続Wi-Fi® (IEEE802.11a/b/g/n/ac)
Bluetooth® (Ver.5.2)
外部デバイス (USB Type-C™接続端子)
その他 (ANT+™)
  • とにかくタフ(耐振動、耐衝撃、耐荷重)
  • 耐水性に優れている(耐海水、耐氷結、温水シャワー)
  • 泡ソープ洗浄可能
  • バッテリパック方式

詳細はメーカサイトを確認ください。

便利機能

ダイレクトボタン

https://www.kyocera.co.jp/

ユーザ設定ができるハードボタンが用意されていて、ライトを点灯させたり、希望のアプリを起動させたりできます。

電池パック

京セラ プロモーションビデオより

バッテリパックなので電池パックを複数持つことで、電池切れに対応可能できます。市販のモバイルバッテリよりもコンパクトに持ち運べます。

ワイヤレス充電

別売ですが、ワイヤレス充電台を用意すればワイヤレス充電にも対応しています。

頑丈なアクセサリ

https://www.kyocera.co.jp/

メーカ純正のマウントやホルダーが販売されています。こちらも頑丈に造られています。

サイクルコンピュータとして使う方法

スマートフォンとセンサだけではサイコンになりません。

3つのアプリをインストールすることでサイコンとして使用することが出来ます。

距離による利用制限があるようなので、それまでにセンサーがつながるか、使い勝手は良いかを確認し、仕様上問題なければ支払いをする。という流れになります。

IpSensorMan

ANT+とBluetoothのセンサを管理するアプリです。

https://play.google.com/store/apps/

⇒IpSensorMan(Play ストア)

IpBike ANT+™ サイクルコンピューター

このアプリでサイクルコンピュータと使用できます。

無料版は、ホイール1,000,000回転(約2,100km)までの使用制限が掛かっているようです。

(スピードセンサを付けなければ、この制限に掛からないのでしょうか?)

https://play.google.com/store/apps/

⇒IpBike ANT+(Play ストア)

IpBikeKey

無料アプリの制限を解除するアプリ(有料)です。

$7.99(862円)・・・2021年4月末の価格および為替レート

https://play.google.com/store/apps/

⇒IpBikeKey(Play ストア)

スマートフォンマウント

自転車に取付けてはじめてサイコンとしての役目を果たしてくれます。

自転車に取り付けるマウントはレックマウントをオススメします。

TORQUE 5G専用ケースを取り扱っています。マウントは汎用スマートフォン用が使えます。

TORQUE専用ケース

https://recmount-plus.com/
レックマウントプラス - 京セラ TORQUE G05 専用スマートフォンケース【R+TRQ5】 | REC MOUNT PLUS
KYOCERA TORQUE (京セラ トルク) 5G KYG01 トルク ファイブジー ケイワイジーゼロイチ 専用設計 ベース本体はアルミ削り出しで高強度 Action Overlay アクティブなシーンでもタフネス! スマホ本体をしっかり守ります。耐衝撃、耐振動、防塵、マルチカメラ、ワイド超広角レンズも邪魔しません

マウント

専用ケースが取り付けられるマウントが、用意されています。

https://recmount-plus.com/
レックマウント プラス | CYCLE / 自転車用 | REC MOUNT PLUS
RECMOUNT+(レックマウントプラス)の自転車用スマホマウントは、本家レックマウント譲りの頑丈なアルミ削り出し製品を中心に、大切なスマートフォンをワンタッチで確実に固定できます。また、豊富な各種アダプターを活用する事でカメラやライトを同時装着したり、状況に応じてサイクルコンピューターを装着する事も可能です。

気になる点

スマートフォンをサイコンとして使用することで、いくつか気になる点がありますので書いておきたいと思います。

端末について

  • au専用端末
  • スマートフォンの消費電力(持続時間)

アプリについて

  • アプリが英語
  • 画面レイアウトにこだわりたい人には向かなそう
  • 無料制限がある

docomoとソフトバンクのサイトを見てもありませんでした。au専用の端末の様です。これの為に通信業者を変えるのは面倒と感じます。

スマートフォンは、緊急時に連絡を取る手段というとても重要な役目があります。バッテリ切れで使用できない事態は避けたいので、モバイルバッテリは必須です。

⇒電池パックを採用しているので電池交換が出来ます。

英語ですが雰囲気で進めれば設定等はできるようです。入れてみて使えなければ諦めるでも十分かとおもいます。

アプリの評判を見てみると、残念なコメントもあります。レイアウトが気に入らない。センサが合わない等のコメントがあります。

無料版でご自身との使用感、センサーとの相性などを確認してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました