【コース】花見川サイクリングコース(千葉)

プロモーションが含まれています。

コース・ルート

\ アウトレットセール 最大90%OFF /

新川サイクリングコースを経て印旛沼サイクリングロードに出ることが出来ます。

交通規則等の法令・ルール遵守をお願いします。
記事中にも書いていますが、各所に走りづらい道があります。全て実走した所を記事にしてますが、記事で紹介したルートを推奨・保証しているわけではありません。
もしこの記事を参考にされて走って、何らかの事象に遭遇、巻き込まれる等したとしても、自己責任でお願いします。
工事などで、通れない場合があります。記事の性質上、把握していても、敢えて書いていないこともあります。

スポンサーリンク

コース概要

印旛沼(佐倉市)から新川(八千代市)、花見川(千葉市)と流れ東京湾に繋がっています。小さな川です。江戸川や荒川は常に風が吹いていますが、花見川はそれほど吹いていません。

平坦基調で走りやすいです。距離もそれほどありません。どの区間でも人は多いのでスピードの出し過ぎには注意が必要です。

コースの大半が街中を走るのでコースを外れてコンビニに寄ったり、食事をしたりすることが出来ます。

起点:千葉市花見川区横戸町 弁天橋 
終点:千葉市美浜区     検見川浜
花島橋~終点:約10km

印旛沼サイクリングロード、新川サイクリングコースと順番に書いていますので印旛沼、新川側を起点としました。起点である弁天橋から花島橋の区間(約3km)がグラベル(砂利道)です。

起点である弁天橋から花島橋の区間(約3km)がグラベル(砂利道)でしたが、SNSで舗装されという投稿を見つけたので実際に走ってきました。

千葉市のホームページより(https://www.city.chiba.jp/index.html)

左から弁天橋付近(始点)、花島橋付近、花島橋、検見川浜(終点)です。分かりづらいですが、花島橋付近の写真はロードバイクが置いてある付近から先が砂利道になっています。(2020年9月頃)

左から弁天橋付近、花島橋付近、花島橋

砂利道は舗装されていました。(2021年6月頃)

強度

弱強度です。

平坦基調で走りやすいです。距離もそれほどありません。阿宗橋から道の駅やちよ間の路面は正直いいとは言えません。

Google Map

花島橋付近が上手く繋がらないので、2分割しています。

弁天橋~花島橋

花島橋~検見川浜

主要休憩場所

検見川浜には、軽食(briochedoree)、お手洗いがあります。コース上には、所々にベンチ、お手洗いがあります。

briochedoree

サイクルラックなし

店舗の近くにテーブルとチェアーがあったのですが今は撤去されています。

サイクルラックがあったのですが、破損していて撤去されていました。復旧されることを願います。

MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD

サイクルラック有

MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD

若葉3丁目公園の近くにあります。複数店舗あり。

豆NAKANO

豆NAKANO

MAKUHARI BREWERY

Fish burger

実走動画

花見川サイクリングロードから道の駅やちよまで、走ってきました。新川サイクリングロードと花見川サイクリングロードの悪説については、5:25位からです。(概要欄にチャプターを用意しています。)

新川サイクリングコースについて紹介した記事内の動画と同じ動画です。

スポンサーリンク

実走してみました

終点に設定している検見川浜から始点の弁天橋に向かい、戻ってきました。

平坦で走りやすいですが人が多いところがあり速度は出しにくいと思います。

弁天橋まで舗装して貰えると走りやすいです。費用対効果が薄いのでしょう。。。サイクリストとしては残念でなりません。

スポンサーリンク

初心者最強のコースに最適

江戸川、利根川、荒川などの大きい川沿いのサイクリングロードは、強い風が吹いていることが多いので、平坦基調ではあるものの、超初心者にはオススメしにくいです。

それらと比べると3コース付近は、風が弱いことが多く走りやすいです。花見川サイクリングロードが全面舗装路になったことで、車の交通量が多い道を避けて走ることができるとても良いコースになりました。一部、一般道や農道などを走りますが、交通量は少なめ、見通しがいいので、交通ルールを守れば安全と言っていいと考えます。

新川サイクリングコースと印旛沼サイクリングロードを一緒に往復で走れば80kmになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました