【コース】新川サイクリングコース(千葉)

コース

花見川サイクリングロードと印旛沼サイクリングロードを結ぶ意外と重要なコースです。距離は少なめ、高低差も殆どありません。

スポンサー広告

コース概要

印旛沼(佐倉市)から新川(八千代市)、花見川(千葉市)と流れ東京湾に繋がっています。小さな川です。江戸川や荒川は常に風が吹いていますが、新川はそれほど吹いていません。

平坦基調で走りやすいです。距離もそれほどありません。路面は正直いいとは言えません。

起点:八千代市保品     阿宗橋
終点:千葉市花見川区横戸町 弁天橋
起点~終点:約12km

印旛沼から東京湾に出ると考えて起点、終点を決めました。

左から阿宗橋、弁天橋(遠影)、弁天橋(近影)です。弁天橋の写真はロードバイクが壁と同化してみづらくなってしまいました。

google mapで設定してみました。

弁天橋を渡ると直ぐに「花見川サイクリングロード」がありますがグラベル(砂利道)です。花島橋から先、稲毛海岸までは舗装路になります。砂利道を避けたい方は一般道を行くことになります。

主要休憩場所

道の駅やちよ

ここ一択です。食堂、トイレ、自動販売機など休憩場所として必要なものがひととおり揃っています。サイクルラックもあります。

食堂は定休日や営業時間に気を付けてください。

道の駅やちよは国道16号に面しています。国道の道向かいにコンビニもあります。

実走してみました

阿宗橋(印旛沼サイクリングロード端)~道の駅 やちよまでは左岸を走ります。この区間は基本的には自動車は走っていません。

道の駅 やちよ~弁天橋までは右岸を走ります。道の駅から新川に出てすぐに見える橋を渡って右岸に出ます。

左、道の駅近くの橋です。右、(独)千葉用水総合管理所です。

(独)千葉用水総合管理所まではサイクリングロード(一部農道)です。この先は、一般道路、農道、遊歩道などになります。

実際に走ってみました。22.8kmは往復距離です。

関連コース

印旛沼サイクリングロードと花見川サイクリングコースを一緒に往復で走れば80kmになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました