ロードバイクで千葉県市川市、船橋市付近から君津市 鹿野山に上って帰ってきた

コース

実現できるかどうかは分かりませんが、県民ローディーとしては、いつかは、千葉イチを達成したい願望があります。

自身の体のこともあり、体力もありませので、ある程度ルートを把握しておきたいです。初見でサラリと達成される方も多いですが、全然その領域ではないので、できるだけ区間練習することで経験を積み重ねて、千葉イチが達成できたら最高です。

と、言うことで今回は、市川市から富津市まで行って、鹿野山を上って、市川市に戻ってきました。

鹿野山まで走った道

6時頃出発して、国道14、357、16、127号と、ひたすら国道を走りました。君津市に入ったら鹿野山に向かいます。普段は、サイクリングロードなどの走りやすいところを走っているので、全体的に走りにくいと感じました。

国道14号

船橋市、習志野市、千葉市を走りました。

街中を通る、千葉の主要幹線道路ですが、歴史のある道なので道幅が狭く走りづらいところがあります。信号で追い抜いて、走り始めると抜き返されるの繰り返しです。対向車が無く、余裕をもって追い抜いてくれればいいのですが、そうもいかない時は、少し怖いです。

左:京葉道路 幕張IC付近
右:千葉市稲毛区付近

国道357号、国道16号

千葉市を走ります。国道14号を、道なりに走ると国道16号になります。国道16号を走っていれば、市原市に入ったことになります。(詳しいことが分かりませんが、国道357号と16号は、重複区間かも知れません。)

国道16号を南下すると、袖ヶ浦市、木更津市に入ります。

一部区間は、路側帯に自転車走行レーンが整備されていて走りやすいです。

京葉工業地帯に入ります。トラックなど仕事関係の車が多いです。幸い、煽られることはありませんでしたが、道幅が狭いところだと、トラックが対向車とすれ違うとき、路側帯に寄ってくることがあり、結構怖いです。

積み荷したトラックは、急減速できないので、路側帯に寄る行為は仕方ないと理解して対応が必要です。

歩道が拡張されて、歩道が自転車走行帯になっている箇所があります。脇からの道が少ないので縁石の切れ目が無く走りやすい区間がありました。

ここを自転車が通っていいの?と思う、路側帯が狭い橋が何本かありました。行きは、体力があったのでガンガン踏みながら、走ることができました。

休憩は2回

この区間で、コンビニ休憩と朝マックをしました。コンビニでは饅頭とプロテインドリンクを、マックではソーセージマフィンのセットを買いました。コンビニが08:30頃、朝マックが09:30頃でした。マックでは、少し長めに休憩していました。30分位だったと思います。

左:千葉市 塩田
中:袖ヶ浦市 中袖
右:木更津市 桜井

国道127号

京葉工業団地は16号で大体終わり、国道127号は、木更津市の街中を走ります。

ここまで約75km走りました。最近の体調として60km位になってくると左膝裏に痛みがではじめます。その前兆の様なものが出始めていました。

国道127号から鹿野山に向かいます。

鹿野山

鹿野山に向かう途中で富津市に入ります。久しぶりの山、鹿野山です。宝竜寺ルートを頑張って上ります。

きつい。本当にきつい。最後のひとやまが、たまらなく辛い。この時くらいは、フェイスカバーを外して走ればよかったです。

やはり山を数多く上らないと駄目だと痛感しました。千葉イチなんて夢のまた夢です。

鹿野山九十九谷展望公園
鹿野山頂上以降の写真は有りません。
疲労と痛みでそれどころではありませんでした。
https://www.irasutoya.com/

鹿野山から帰る

帰るころには、膝裏の痛みが出ていて、完全終了直前だったので、殆ど歩道を走ってました。特記することがないので、区別せずにサラッと書いていきます。

鹿野山を下山~昼食まで

鹿野山を上り終えて、九十九谷展望公園で、少し景色を楽しみながら休憩してから、鹿野山を下ります。国道127号に出た頃には、ちょうどお昼の時間でした。

ただ、折角ここまで来たのだから美味しいものを食べたいと、膝が痛いのに富津、木更津をウロウロしてしまいました。良さそうな店を見つけては、混雑しているので断念、次を探すを何回か繰り返して、結局、千葉市に入ってからの昼食となりました。

休憩は昼食込みの2回

昼食までは、コンビニ休憩でしのぎました。inゼリー エネルギーを飲んだと思います。昼食は、最近お気に入りの家系ラーメンでした。15時ころだったと思います。昼食のタイミングが遅すぎましたし、食べ過ぎました。

歩道が整備されている

帰りは、膝が痛くてノンビリライドでした。車道は走らず、殆ど歩道を走って帰ってきました。歩道がとても良く整備されていることに驚きました。普段は、段差があるので、歩道を長く走ることは無いので気付きませんでした。街の変化を感じました。車道の自転車走行レーンも、もっともっと自転車が走りやすい様になって欲しいです。

帰りはノロノロライドだったにも関わらず、夕方には帰ってこれました。朝早く出発していたので、遅くなることなく帰ってこれました。これほどの勝ちパターンになったのは初めてでした。

痛みの原因

完走後、運動をしなければ、二日位で完全に痛みが引きますので、骨ではないと思います。

テレビを見ていたら、運動をしていて膝が痛くなる症状で「腸けい靭帯炎」が挙げられていました。症状がかなり一致する部分があるのでこれだと思われます。

FUNRiDE】リエチ先生(整形外科医)のサイクリストからだ相談室

装備

今回は、ほぼ普通の装備でした。

・サドルバック
・ボトル    2本
・補給ジェル  2個

貰い物のサドルバックが壊れてきました。買い替えをしなければ。。。

感想

凄く楽しかったです。膝の痛みが無ければ完璧といってよかったです。実走データの画像貼っておきます。

走ったコースについて

渋滞区間は走りにくかったですが、全体的にみれば、問題なく走ることができました。あおりなどはありませんでした。環境整備に感謝です。

体が問題なければ、もう少し距離を伸ばすか、明るいうちに帰ってくることができます。早出することが、これほどの勝ちパターンになるとは思ってもいませんでした。

自身の体について

休憩回数が、1、2回足りませんでした。もう少し休憩して、疲労回復しないと、200km以上の長距離は走れなそうです。休憩の仕方も考え方を変える必要がありそうです。

膝の痛みを除けば、気分はいいよかったです。疲れはしたけど。。。故障しない体作りをしないといけないと感じました。

機材について

休憩がしやすい街中を走るのであれば、200km位までなら今の装備でよさそうです。

この先やってみたいこと

千葉イチを見据えたロングライドでしたが、現状では、千葉イチは夢のまた夢だと感じました。

折り返さず、鹿野山にも行かなければ、館山くらいまでは行けそうです。折り返さずに、どこまでいけるか走ってみるのも面白そうです。帰りは、電車輪行になるので、輪行袋を買って練習をしたいです。

館山ならJR東日本がやっている B.B.BASEで両国か本千葉まで帰ってくるのもありです。とりあえず、洲崎灯台まで行ってみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました