デカトロンのサドルバックを買ってみた (インプレ)

ロードバイク

知人から安く譲ってもらった、トピークのサドルバックが壊れたので、試しにデカトロンのサドルバックを買ってみました。

レビューしていきます。

B’TWIN 防水サドルバック 900 2.5L

\3,980円以上で送料無料/

B’TWINというオリジナルブランドです。

まずは、B’TWINのデータとインプレを、その後に比較用として、今まで使っていたトピークのデータを載せていきます。

仕様

まずは、データから。

収納量:2.5L
重量 :*115g
材質 :ナイロン、ポリウレタン
防水性:100%防水
固定1:サドル部マジックテープ
固定2:シートポスト部マジックテープ

*:実測値

重量

重量はTOPEAKよりも軽いです。TOPEAKのサドルバックが重いのは、変形防止の板が、全面に付けられています。この板が、厚くて硬いです。TOPEAKのサドルバックが、収納量が少ないのに重量が重い理由だと思います。

バックの重量

インプレ

購入後、色々見ていて気になった点を、上げておきます。現段階での話ですが、お値段以上ではないかと思っています。今はつけっぱなしにして、パンとか小物を買った時の物入れに使っています。とても便利です。

【記事】デカトロン幕張で自転車用品を見てきました

〇 収納量

サドルバックを使用する時は、ドリンクボトルを2本使用する時です。サドルバックを付けて、ツール缶から必要な物を抜き出して、サドルバックに入れていました。B’TWINだと量が入るので、ツール缶をそのまま突っ込むだけで済みます。ズボラな私にとっては、良いポイントです。

サドルバックに何も入っていなければ、小さめの輪行袋なら入りそうです。

〇 価格/△ 質

Amazonの良く分からない商品を買うのであれば、こちらを買った方が、不満に感じたり不良品だったりするリスクは低いです。

TOPEAKのサドルバックは「△価格/〇質」

TOPEAKのサドルバックに比べると、質は劣る感じがします。変形防止の板や生地の厚みが、違うように感じます。

変形防止板

B’TWINの変形防止板は、上面から前(シートポスト)に行って、更に下面まで入っています。下の写真で赤線部分に薄い板が入っています。指で押せば、簡単に変形します。

補強板

TOPEAKののサドルバックは、赤線部に加えて、左右側面にも板が入っていて、厚みもあり変形しにくいです。

△ 取付け

取付けは、少し不安定になると思っていましたが、意外としっかりと付けられることができました。下の写真は、中にツール缶が入っています。ツール缶の重量は、約0.5kgですが、しっかりと形を保っています。サドルに引っかけるマジックテープを、綺麗に重ね合わせるのがコツのようです。

実際に取付けてみた

でも、マジックテープのバンドの幅は安心できますが、厚みが薄い気がします。それと、やはり固定はマジックテープではなくて、プラ製のバックルがいいです。

✖ リアライト取付け

シートポストにある隙間にライトをつける

リアライト

シートポストに隙間ができるので、そこにスペースが確保できれば、取り付けられます。サドル本体の違いや、取付け具合によって多少は変わると思いますが、サドルバックが10cmくらいなので、10cm以上あれば、シートポストにライトが付きます。

リアライトの寸法

サドルバックのクリップ穴は小さいので注意

クリップを使ってライトを付けられるように、サドルバックに帯が付いています。が、帯の長さが短いために、キャットアイのクリップが入りません。

幅は、約17mmです。キャットアイのクリップの幅が約24mmなので使えません。デカトロン製の専用のライトか、別のクリップ、ライトを探す必要があります。幅がよくても、厚みのあるクリップは付かない可能性があります。

CATEYEクリップは付かない

VIOO Clip500 LEDライト
白/赤切り替え式
連続点灯モード:4.5 時間
フラッシュモード:9 時間

\1,790
画像をクリックすると、商品のサイトに行きます。

△ 強度が心配

サドルに引っかける箇所の強度が、見た感じですが心配です。

TOPEAKのサドルバックもここが壊れたのですが、見た感じ、B’TWINのほうも強度が心配です。補強の為にパッチを当ててありますが、あまり安心感を得ることができません。

4ヶ月つけっぱなしで使用していますが、問題なく使えています。数シーズンは問題なく使えそうです。

強度が心配

〇 実走

取り付けて、80km程走ってきました。バック中には、ツール缶(0.5kg)を入れました。バックの中は、隙間がある状態です。TOPEAKのサドルバックは堅い板で囲われているので、中に隙間があると、カタカタいって気になりますが、B’TWINのサドルバックは、カタカタいうことはありませんでした。軽いダンシングをしても、全く違和感なく走れました。

走ったことのない道(130km)を走ってきました。モバイルバッテリなどを入れたくらいで、殆どスカスカの状態で走りました。途中、ペットボトルを買ったときに、飲みきれなかったので、サドルバックに入れて走ったりしました。整理したら入れることができ、ペダリングをしていても違和感はありませんでした。

〇 非推奨な使い方

ジッパータイプではなくクリップタイプなので、多少長さがあるものでもクリップできれば、落ちることなく、持ち運ぶことができます。恐らく非推奨な使い方だと思います。

500lmのペットボトルだけであれば、全体がスッポリ収まりますが、少しでも中にものが入っていると、頭が飛び出てしまいます。当然、防水性は得られませんが、飛び出した状態で収納できます。

粗技

〇 マジックテープ

サドルに固定しているマジックテープは、問題なさそうです。使っていくうちに弱くなっていく、経年劣化はあると思いますが、使い始めとしては、かなり強力に固定できています。

〇 防水性

天気予報が大外れして、サドルバックを付けて、雨の中を走りました。

ウエアの腕と背中がビショビショ、シューズがグショグショになるような雨でしたが、サドルバックの中に入れていたものは、全く濡れていませんでした。

商品名にもあるとおり、一定の防水性は、ありそうです。

ライトとセットで購入すると送料無料

【記事】デカトロン幕張で自転車用品を見てきました

現段階での話ですが、買う価値は十分にあると思います。

B’TWINのサドルバックとVIOO Clip500 LEDライトを購入すれば、送料無料になります。

\3,980円以上で送料無料/

\2,490
画像をクリックすると、商品のサイトに行きます。

TOPEAK ウェッジ ドライバッグ M

比較対象として、今まで使っていたTOPEAKのサドルバックを載せておきたいと思います。B’TWINの記事ですので、TOPEAKのインプレはしません。(壊れてしまっていてできません。)

簡単にインプレするなら、収納量1Lは少ないですが、TOPEAKなので品質は良かったです。

外観イメージ比較

仕様

収納量:1.0L
重量 :*189g
材質 :防水ナイロン 超音波溶着
防水性:防水ナイロン使用
固定1:サドル部バンドクリップ
固定2:シートポスト部マジックテープ

*:実測値

コメント

タイトルとURLをコピーしました