DJI OSMO POCKET を借りたのでロードバイクに付けてみた

ロードバイク

借りることができたので、ロードバイクに付けて使ってみました。結論から言うと「取付け・固定は良かったが、映像はイマイチ」でした。記録として残しておきたいと思います。

仕様

簡単なカメラの仕様から、、、

DJI OSMO POCKET OT110
4K 60fps
USB C-type

あまり書けることがありません。

アクションカムの知識が無く、どんな内容を残しておいたらいいか、正直よくわかっていません。

マウントを購入

購入したのは、

Taoricup DJI OSMO POCKET2/POCKET 対応
自転車固定ブラケット/固定クリップアクセサリー

です。

コテコテの中華製で、出来栄えもそれなりです。

謎のハンドル径

取付け可能ハンドル径の記載がないことに気づかずに、自転車用の記載だけで購入してしまいました。実際に取り付けようとしたら取りつきませんでした。強引に付けてみたらボルトを長くすればいけそうです。ホームセンターでボルトを購入しました。ボルトを変えたら、バッチリ固定することができました。

ボルトサイズはM4、
付属品のボルト長は35mmで、
購入したボルト長は50mmです。

直尺で測ってみると、対応ハンドル径は、26.0mmか25.4mmの様です。

M4のボルトを変更しています

固定部内側はゴム板がついている

クランプ内側にゴム板がついているので、ハンドル径があっていなくても、3カ所または4カ所が接触していて、ボルトを締めることで31.8mmのハンドルでも、問題なく固定できます。

カメラ固定は構造理解とコツが必要

実際に、マウントを固定して使ってみました。マウントの構造を理解して、決まったところを締めれば、しっかりと固定できます。締めが甘いと、ネジ部が緩んできます。

コツを掴めば問題なく固定できました

実際に動画を撮ってみた

固定がうまくいったので、実際に動画を撮ってみました。

振動が直接カメラに伝わる

緩衝機構がないので、路面コンディションの影響をモロに受けます。この振動をカメラが直に受ける形になるので、カメラが故障しないか心配になります。カメラの大きさを考えると、振動ではなく衝撃と言った方が適切かもしれません。

30秒の動画を用意しました。小さな段差で画面がビクッてなります。

【YouTube】DJI OSMO POCKETをロードバイクに付けて使ってみた

ママチャリやシティサイクル、MTBとかにつけて、舗装路を普通に走るのであれば、問題ないかも知れません。

〇マウントは意外と出来がよい

見た目は大雑把な感じがしますが、使ってみたら案外よかったです。必要最低限の出来栄えになっていて、値段相応以上に仕上がっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました