サイクル用のバック買います

ロードバイク

荷物を入れるのにバックを買います。リュックや肩掛けバックの様な体に身に付けるタイプはずれたり、蒸れたりしそうなので、ロードバイク自体に付けるもので探しました。

サドルバック

サドルの後ろに付けるバックです。トピークのウェッジドライバッグMを選びました。

利点

  • 防水性が高いものがある
  • あまり邪魔にならない
  • ボトルケージが空く
  • 容量(サイズ)が豊富

欠点

  • しっかりと踏み込むと太腿の裏が当たり少し気になる
  • 写真を撮るときに自転車のフォルムが崩れる、見栄えが悪い

欠点と言っても、大きな問題ではありません。利点の方が圧倒的で、使い勝手がいいと感じています。

防水性も高く雨の日でも、水が中に入ることはありません。

中には、予備のインナチューブ、手動タイプの空気入れ、軍手、ワイヤーロック等を入れています。

ツールボトル

ボトルケージに着けて、予備チューブ等の道具を入れて運びます。

エリート、 タクイン ストレージケースを買いました。

大分、使い込んだ状態ですが、付けたときの、アップ写真も載せておきます。

ファスナで大きく開けられるタイプが良さそうということで選びました。

利点

  • コンパクト
  • 物の出し入れが簡単
  • 写真を撮るときに自転車のフォルム綺麗

欠点

  • 防水性が弱い
  • 容量が少ない
  • サイクルボトルが一本しか使えない

サドルバックだと、漕ぐと当たるのと、見栄えが悪いので、サドルバックの代わりに使っています。 防水性が弱いとありますが、 土砂降りの雨でも中にはちょっと湿っているくらいでした。濡れて困るものはビニールに入れておくといいと思います。

入れれる量が限られているので、無駄なものを入れずにすむのも、利点と言えるかも知れません。

田舎でコンビニ等があまり見つからない場合や、長距離を走るときの様な時等、2本ボトルを使いたいときには、サドルバックを使います。

関連商品リンク(広告)

     

関連商品リンク(広告)

トップチューブバック

トップチューブとコラムに固定して取り付けるバックです。
コラム:フロントフォークの上部でステム、ハンドルを取り付ける部分

トピーク、トップローダーを買って使いました。

利点

  • 出し入れがしやすい
  • 工夫次第で使い勝手が広がる

欠点

  • バイクの動きでバックが動く
  • 動いたバックが足が当たる
  • 容量が少ない

スマートフォンや携帯を入れたり、補給食を入れたり、モバイルバッテリを入れたり、出し入れするものを入れるのに便利です。

バックが振れるので、私の場合ですが、足に当たります。当たるのを避けて漕ぐので、体への負担が大きいです。私には合いませんでした。

他の記事を書いているときにいい写真を見つけましたのでこっちにも使います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました