サイクルコンピュータを買うならどれが良いか調べてみた

プロモーションが含まれています。

サイコン_サムネ ロードバイク

\ アウトレットセール 最大90%OFF /

今使っているサイクルコンピュータが、そろそろ買い替え時を迎えています。次何を買うかを考えてみました。今回は、GPSサイクルコンピュータ(以下:サイコン)といわれる何処を走ったかを記録されるものに焦点を当てて書いていきます。

使って間違いの主要メーカーふたつと、良コスパの新興メーカーふたつを紹介します。

スポンサーリンク

何のためにサイコンを買うのか

考える

サイコンとSNSが進化したことで、サイクリングの可能性が広がったといっても過言ではないです。

一度は使ってみるといいと思います。

ログに残す

サイコン最大のポイントと言えます。GPSから受け取った位置などのデータを、本体に記録してネットにアップして走ったかの記録(ログ)を残すことができます。受信する主なデータは、日時、緯度・経度、(標高)です。

当然、これから書くデータも同時に記録されます。

他のデータ

本体で温度などのデータを取っています。

センサーを買ってロードバイクに着ければ、速度ケイデンスパワーなどを見ることができます。心拍計で心拍数も表示できます。センサーが無くても速度を表示できるものもありますが、受信状況に左右されるので、正確性に欠けます。衛星の信号は、トンネルや森林地帯、雲などに影響を受けます。

練習

単純に今日は、「○○km走ろう。」とか「○○W/〇分のインターバルをやろう。」とか、数値を見ながらの練習ができます。その時の各数値をサイコンでリアルタイムで見ることができるので、何を追い込むかなどの判断ができます。

グレードの高いものになると、トレーニングメニューなどを考えてくれるモデルもあります。

敢えて使わないという人もいる

使ったことがある人の意見とも言えますが、「サイコンを使うとなんとなく”乗れ!”って脅迫されている様な感じがするので使っていない。」「サイコンをあえてつかわないライドを組み込むことがある。」という人もいます。

スポンサーリンク

必要なアイテム

固定用マウント

サイコンマウント
REC-MOUNT©

サイコンをロードバイクに取り付ける「サイコンマウント」が必要です。本体に付属していることがあるので、良く調べて下さい。

日本では、「REC-MOUNT」が人気です。REC-MOUNT PLUSの記事を書いていますので、気になる方は是非。

センサー類

センサーとの通信形式は、ANT+が主流で最近はBluetoothのデバイスも増えています。どちらかの通信ができれば、サイコンとペアリングできるます。

スポンサーリンク

良し悪しの基準

サイコンの良い悪いの基準について考えてみました。

勾配表示の精度

精度の良くないサイコンは、勾配の変化が激しすぎて実際の勾配と合っていないものがあります。明らかに勾配があるのに0%だったり、マイナスを示したりします。

精度の良いものでも表示遅れはあります

耐久性

マウント部分

大型のサイコンは重量があって、本体とマウントを固定する部分が重量に耐えられずに破損するという事例が、散見されます。メーカーによる対策もされてきていますが、万が一に備えて、ストラップをサイコンに付けてハンドルに巻き付けておくなどの対策が求められます。

サイコンの本体重量が80gを越えるものはストラップを付けてハンドルなどに引っかけておくことを、勧めます。

バッテリ

一回の充電の持ち、何年位持つかのバッテリの耐久性に差があります。ガーミンの上位モデルだとソーラーが付いていて、使いながらソーラー充電するモデルもあります。

スポンサーリンク

主要メーカー 2選

歴史も性能も申し分ないメーカーはいくつかありますが、日本国内で使用する分には、「Garmin」か「Wahoo」のどちらかが良いと思います。

Garmin/ガーミン

ガーミン_logo
Garmin©

スイスに本社を置いているスポーツデバイスなどを販売しているメーカーです。起業の地はアメリカで、実質的な運営本部は今もアメリカにあると言われています。

サイコンやスマートウォッチだけでなく、多くのスポーツシーンに応じたデバイスをラインナップしているメーカーです。サイコンはEdgeシリーズです。

バッテリの持ちは、どのメーカーよりも群を抜いて良いです。

数値が大きければ、グレードが高くなります。Explore 2は、他のEdgeシリーズとは一線を画しています。

メーカー公式サイト

比較一覧

Edgeシリーズの比較表を作りました。Edge Explore 2 Powerは、少し色合いが違いう商品なので入れていません。

モデルEdge 1040 SolerEdge 840 SolerEdge 840Edge 540
バッテリ時間35時間+10時間32時間26時間26時間
画面サイズ3.5インチ2.6インチ2.6インチ2.6インチ
タッチスクリーン×
ストレージ64GB32GB32GB16GB
本体重量133g88.9g84.8g80.3g
通信衛星BeiDouを除く
マルチバンド
BeiDouを除く
マルチバンド
BeiDouを除く
マルチバンド
BeiDouを除く
マルチバンド
ネットワークBLE / ANT + / WiFiBLE / ANT + / WiFiBLE / ANT + / WiFiBLE / ANT + / WiFi
充電口USB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
防水IPX7IPX7IPX7IPX7

本体重量の項目より下の仕様は全て同じです。

Edge 1040 Soler

Edge 1040 Soler
Garmin©

簡単に表現すると、「機能、価格共にスマホ」です。画面サイズが大きいので、データが見やすいだけでなく、マップも使いやすいです。天候にもよりますが、1週間は充電しないでも十分に持つと言われています。ストレージは、唯一の64GBでモデル中で最大容量です。

Edge 840 Soler/840

Edge 840 Soler
Garmin©

天候にもよりますが、ソーラーがあれば1週間は充電しないでも十分に持つと言われています。ソーラーなしタイプでも、数日間は安心して使えます。

タッチスクリーン対応で、ストレージ容量は32GBです。

Edge 540

Edge 540 Soler
Garmin©

540タイプでも、数日間は安心して使えます。

タッチスクリーン非対応で、ストレージ容量は16GBです。

Edge Explore 2 Power

マップ、ナビゲーションに重点を置いたモデルです。比較対象になるモデルはEdge840になります。Edge840に劣る部分もありますが、定価で比較するとExplore 2 Powerに優位性があります。

モデルEdge Explore 2 Power
バッテリ時間16時間
画面サイズ3.0インチ
タッチスクリーン
ストレージ16GB
本体重量104g
通信衛星BeiDouを除く
シングルバンド
ネットワークBLE / ANT +
充電口USB Type-microB
防水IPX7

Wahoo Fitness/ワフー

ワフー_logo
Wahoo Fitness©

トライアスロン(スイム、バイク、ラン)に対応したデバイスがラインナップされています。スマートローラーや室内用バイク、ペダルなどがラインナップされています。現段階では、サイクリングに重点を置いている様に個人的には感じます。本社はアメリカです。

シンプルにROAMの方がグレードが高いと考えて下さい。

メーカー公式サイト

比較一覧

モデルELEMNT ROAM V2ELEMNT BOLT V2
バッテリ時間17時間15時間
画面サイズ2.7インチ2.2インチ
ストレージ32GB16GB
本体重量94g68g
通信衛星GNSS+QZSS
デュアルバンド
GNSS+QZSS
シングルバンド
ネットワークBLE / ANT + / WiFiBLE / ANT + / WiFi
充電口USB Type-CUSB Type-C
防水IPX7IPX7

ROAM V2とBOLT V2の違い

ELEMNT
Wahoo Fitness©

レベルゲージの様に使用できるLEDが、ROAM V2は左と上の2カ所に、BOLT V2は上の1か所に付いています。BOLT V2に比べてROAM V2の方が、ボタン同士の間隔が広くなっていて、ボタンサイズが若干大きく操作しやすくなっています。画面の性能は、ROAM V2の方が圧倒的に良いです。

内部的なことを言うと、GPS受信が、ふたつの衛星から受信するデュアルバンド受信か、ひとつの衛星から受信するシングルバンド受信かになります。高層ビル群や森林地域を走っている時など、信号受信に影響を受ける障害物があったときの位置算出の精度に違いが出ます。

スポンサーリンク

中華系メーカー 2選

主要メーカーを購入するとなると、それなりの資金が必要になります。資金に余裕がある、レースなどに出て勝つためにしっかりとトレーニングをして勝ちたいなどのしっかりと目的が無いのであれば、中華系であっても、価格差ほどの性能差はなく十分に機能を果たしてくれます

iGPSPORT/アイジーピースポーツ

アイジーピー_logo
iGPSPORT©

2012年に中国で設立し、10年以上にわたってサイコンを作り続けるサイコンメーカです。近年は、使えるサイコンメーカーのひとつとして頭角を現してきて、ホビーユーザーに使用されるようになりました。新機種を出すたびに信頼性が向上しています。国内外のプロチームが使用しています。日本国内の取扱い商社は、「TRI SPORTS (トライスポーツ)」になります。

メーカー公式サイト

比較一覧

モデルiGS 630SiGS 320BSC300BSC200BSC100S
バッテリ時間45時間72時間20時間30時間40時間
画面サイズ2.8インチ2.4インチ
モノクロ
2.4インチ2.5インチ
モノクロ
2.6インチ
モノクロ
ストレージ16GB400時間8GB400時間250時間
本体重量100g74g67g67g67g
通信衛星GNSS+QZSS
マルチバンド?
GNSS+QZSS
マルチバンド?
GNSS+QZSS
マルチバンド?
GNSS+QZSS
マルチバンド?
GNSS+QZSS
マルチバンド?
ネットワークBLE / ANT +BLE / ANT +BLE / ANT +BLE / ANT +BLE / ANT +
充電口USB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
防水IPX7IPX7IPX7IPX7IPX7

マルチバンドに「?」を付けているのは、明確な記載が無かったので「?」としました。

iGS シリーズとBSC シリーズの違い

iGSとBSCシリーズ
iGPSPORT©

GarminやWahooなどの主要サイコンメーカを意識して作り上げた(※1)、ハイエンドモデルがiGSシリーズです。そして、iGPSPORTサイコンを使用し能力を知ってもらう普及モデルがBSCシリーズという考え方が、一番分かりやすいと思います。

※1:私見です

Bryton Sport/ブライトン

ブライトン_logo
Bryton Sport©

海外の情勢は分かりませんが、販売が振るわなかったのか日本での販売は一度途切れたことがあります。今回、2度目の上陸でになります。今回は一定の評価を受けている様です。台湾のメーカーです。国内外のプロチームも使用しています。日本国内の取扱い商社は、「日直商会」になります。

メーカー公式サイト

比較一覧

モデルRider S800Rider S500Rider 750 SERider 420
バッテリ時間36時間24時間40時間35時間
画面サイズ3.4インチ2.4インチ2.8インチ2.3インチ
モノクロ
タッチスクリーン×
本体重量106g87g93g61g
通信衛星GNSS+QZSS
マルチバンド?
GNSS+QZSS
マルチバンド?
GNSS+QZSS
マルチバンド?
GNSS+QZSS
マルチバンド?
ネットワークBLE / ANT +BLE / ANT +BLE / ANT +BLE / ANT +
充電口USB Type-CUSB Type-CUSB Type-CMicro USB
防水IPX7IPX7IPX7IPX7

マルチバンドに「?」を付けているのは、明確な記載が無かったので「?」としました。文脈を読み解くに「マルチバンド」でほぼ間違いありません。

Rider Sシリーズとそれ以外

Rider S800と751SE
Bryton Sport©

プロサイクリスト向けに作られたのが、Rider Sシリーズです。厳密な違いもあるのでしょうが、ホビーユーザーであれば、Sシリーズとそれ以外と考えると分かりやすいです。USB充電ポートの形状で判断するのが簡単で良いです。それから、それ以外の条件を見て選ぶことをオススメます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました