最低気温5℃位ならロードバイクを乗るとき、シューズカバーではなくトゥカバーで十分

プロモーションが含まれています。

ロードバイク

\ アウトレットセール 最大90%OFF /

今年の冬シーズンはライド回数を増やしたいと思い、ライド時の恰好を変えてみようと思っています。当然、体感温度や体の冷え方などには個人差があります。ただ、参考になればいいなと思います。私自身も、体が冷えすぎると生命リスクがあるので、秋口から徐々に試してきて、今に至っています。

スポンサーリンク

今期の恰好

toes-cover

寒くなる前の秋に試したジレが思いのほか良かったので、冬の恰好も見直してみました。

今冬の恰好
  • 普通のサイクルキャップ
  • ネックウォーマー
  • 冬用のスポーツインナー
  • 冬用ジャケット
  • ジレ
  • 冬用グローブ
  • 冬用ビブタイツ
  • トゥカバー

ジレとトゥカバー最高

この格好では、少し寒いかもしれないと思いましたが、案外行けました。南関東在住なので、最低気温が5℃で最高気温が10℃まで上がってくれれば、この格好で問題なさそうです。なによりも、シューズカバーの煩わしさから解放されたことが一番です。脚は動かしているので、足先まで暖かくなっていて寒さも気になりません。実際はライド開始時の気温が、3.3℃位でした。欠点は次の通りです。

  • 日影が続くとかなり寒い
  • 手は冷たい

どちらも許容できる範囲です。今シーズンの冬はこれで行ってみます。

スポンサーリンク

今までの恰好

最低気温が5℃以下ならライドしない。5℃以上ならライドする。ライドするときの恰好は、以下のとおりでした。

従来の冬の恰好
  • つば付きニット帽
  • ネックウォーマー
  • 冬用のスポーツインナー
  • 冬用ジャケット
  • 軽量ダウン
  • かなり厚手の冬用グローブ
  • 冬用ビブタイツ
  • シューズカバー

暖かいのですが、問題のある欠点が多い様に感じます。

  • シューズカバーの脱着が大変
  • 暑くなって脱ぐと荷物になる
  • ウェアがバタバタする

シューズカバーの脱着が大変

シューズカバーが、兎に角面倒で、わざわざシューズカバーをするなら、それなりの距離を乗りたい。でも、朝夕の気温低下は辛い。ということで、乗り始める時間が遅くなってしまったら、ライドしないという選択をすることが結構ありました。それくらい、シューズカバーは私には合いませんでした。

暑くなって脱ぐと荷物になる

脱ぐと荷物になるので、体温調節をジッパーの上げ下げでやっていました。ジッパーでの調節だと、冷たい空気が急に入って来るので、一気に体が冷えます。体温調節が難しかったです。

ウェアがバタバタする

スポーツ用ではなく普通の洋服店で売っているライトダウンなので、バタバタするのが気になります。

こんな感じでしたが、恰好を変えたことでライドに行けそうです。とは言っても、寒すぎるときはライドしないんですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました