Lenovo ideapad 320 にメモリを増設してみる

家電・PC・インターネット

メーカのリビルト品でCORE i7にしては、安いと思いノートPC Lenovo ideapad 320をネット通販でポチリました。

ものが届いてintelのシールを見てみると、「7th Gen」とあるじゃないですか!第8世代のCORE i7だと勝手に勘違いしていました。CPUの型式と世代の関係をよく知らずに買った結果です。

ハード面は、画面が少し淡いのを除けば文句ないのですが、遅い!とにかく遅い!重いのです。

私に出来るのは、メモリを増設するくらいです。やってみます。

まずは、裏のシールで型式を確認します。

Lenovo ideapad 320 80XL-X030JP

メーカのホームページに記載されていません。近い型式で判断していきます。

80XL008DJP 、 80XL008EJP で調べていきます。

スポンサー広告

PCの基本スペック

念のため、記録しておきます。

CPU 
インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー
2.70GHz (ターボブースト時 3.50GHz) 
コア数 2コア
4MB(メインプロセッサーに内蔵)   

第8世代 CORE i7 だと4コアなんですよね。ものによっては、6コアまであるんですね。

コア数が倍違うと、どんな影響があるのか分かっていませんが、CPUのコア数が倍って、すごそうじゃないですか・・・。

メインメモリ 4.0GB
PC4-17000 DDR4 SDRAM
メモリースロット数   1 (空0)

通常仕様だと8GBなんですけど、、、

HDD  1TB (5400rpm)(シリアルATA/2.5インチ) 

標準の仕様にはない仕様ですね。どういうことでしょうか・・・。

しかも、CPUがフル稼働しています。遅いはずです。

増設用の空きスロットを確認

仕様上では、どのシリーズもスロット空きなし、増設不可とありますが、ネットでは増設出来たというコメントが書いてありました。開けてみて空きスロットがあれば、増設します。

マニュアルを参考にしてDVDプレーヤーを外します。

ネジを取って、裏カバーを外していきます。

カバーを開けていきます。

外れました。

右側に空きメモリスロットありました。DDR4を買いに行ってきます。

秋葉原に行って来ました。

PC4-17000=DDR4-2133というものらしく、DDR4は沢山あれど、他の型式(速いメモリ)を付けると、確実に動かないとのアドバイスです。

流石、店員さん。助かります。

PC4-17000は、掲載されているリストの端っこの方に、ひっそりとありました。16GBは無く、8GBが4000円位、 4GBが2500円位とリストにあったので、8GBを注文したら、在庫を切らしてしまって無いとのこと。

結局ネットで買いました。残念です。

注目すべき点がありました。

数店舗見て歩きましたが、思っていたよりも安かったです。やります。アキバ。

メモリ届きました。

Transcend トランセンド
DDR4-2133 TS2GSH64V1B
16GB

を買いました。9000円位でした。安心・安定のブランドです。

再びPCのカバーを開けて、メモリを付けます。

付きました。カバーを閉じて、ドキドキしならが、電源オン!
無事起動しました。動作状況を確認します。

メモリが認識されています。CPUの負担も軽減されました。

増設しようと思った方へ

上の内容で分からなかった人の為に最終確認用のページを作りました。

確認してみてください。

対象のメモリ

↓↓青い文字のリンクは私が買ったメモリとほぼ同一の物のページです。↓↓

結論

購入時にメーカでのメモリ増設は出来ないが、自分でならメモリ増設は可能でした。
体感的にもだいぶ早くなったと思います。
増設するメモリは16GBは不要なように感じます。元のメモリが4GBなら8GB増設、8GBならパフォーマンスを確認して4GBでよさそうです。

低画質ですが、HDDのまま「黒い砂漠」というゲームが遊べています。ゲームするなら念の為に16GBあった方がいいかも知れません。

SSD化も可能のようなのでいつかはやってみたいです。(HDでも十分に使えているので直ぐにやる可能性は低いです。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました