【aviutl】で動画を編集する(準備編)

家電・PC・インターネット

MUSONのアクションカムで撮った動画を、出来るだけお金を掛けずに編集してYouTubeにアップしたいと思います。

スポンサー広告

動画編集ソフト「aviutl」

難易度は少し高いようなのですが、文字入れとカット、結合編集ができるらしいので、「aviutl」(エーブイアイユーティーエル)を使ってみたいと思います。

対応動画拡張子

aviのみのようです。試しに、all fileにしてmovを開いてみましたが、開けませんでした。

mov → avi 変換ソフト 「XMedia Recode」

「XMedia Recode」で変換してみます。直感的にポチポチしてると変換できました。・・・・aviファイルを再生してみると、緑色の画面から始まります。そのまま見てると、画像がカクカクしています。・・・失敗です。

原因を調べて解決していきます。

原因究明

ド素人なので、先人の知恵を拝借するのみです。・・・。

「aviutl」でmov等を使えるようにする

プラグインソフト「L-SMASH Works」を導入すれば良いらしいです。「XMedia Recode」は、いらないってことですね。。。無知って、悲しいです。。。

RePOPn
pancake

に行って、「HOME」「POLICY」「CONTACT」「L-SMASH etc.」の 「Plugins etc.」 をクリックするとダウンロードできるページに行けます。

AviUtl.exeがあるフォルダに新しいフォルダ「Plugins」を作成します。

「L-SMASH」zip内の「lwcolor.auc」「lwdumper.auf」「lwinput.aui」「lwmuxer.auf」を「Plugins」フォルダ内に貼付けます。

AviUtl.exeを起動します。・・・できました!!動画編集していきます。

出力用のプラグインプログラム

aviでエンコード(保存)したら、めちゃくちゃなボリュームになりました。8分そこらの動画なのに、ファイルサイズが80GBになりました。YouTubeにアップするのに4時間以上かかりました。やり方が違いますね。調べます。

出力用のプログラムが必要なようです。「x264guiEx」と言うものがあるようです。これを入れると、avi以外にmp4とかYouTube用のデータにエンコードしてくれるようです。

セットアップしました。mp4に出力出来るようになっていました。使ってみたいと思います。

今は以上です。AviUtlで記録が必要なことが出てきましたら、追記したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました