【Photoshop】プラグイン Comic Kit を使ってみる(スクリーントーン・漫画トーン)

家電・PC・インターネット

プラグイン Comic Kit は、Adobeの中の人が作ったもので、Photoshopで「スクリーントーン、漫画トーン」と「集中線、スピード線」を作ることができます。無料です。

プラグインのインストール方法は、最後に書いています。

「スクリーントーン、漫画トーン」の使い方です。

【記事】「集中線、スピード線」

スクリーントーン・漫画トーン

自身が書いた漫画やイラストではなく、今回は、写真を使って設定してみたいと思います。今回は、初期設定のトーンで説明します。

考え方

準備

新規レイヤーを追加

新規ドキュメントを作成する。

写真を配置する。

新規レイヤーを追加する。

塗りつぶし設定画面

編集>塗りつぶし

内容:パターン
オプション:スクリプトにチェック「✔」、Screen_Pattern_jp
を選択して「OK」をクリックする。

塗りつぶし

Screen_Pattern_jp 設定画面

Basic 設定タグ

Basic設定タグ

設定画面が表示される。

適当に数値を設定してOKする。
(数値を色々変えてみて感覚をつかむのがよいです。)

プレビューサイズを「1:1」にするとイメージしやすいです。

Advanced 設定タグ
ベーシックで設定した内容に、追加で設定できます。

Advanced設定タグ

全面にトーンが塗られます。

全面トーン

修正・仕上げ

消しゴムツール

修正
レイヤーを選択して「Delete」キーを押します。「塗りつぶし」設定からやり直します。

仕上げ
消しゴムツールで、トーンを削除できます。上の写真は、空の部分と、ロードバイクの部分を、消しゴムツールでトーンを消しました。

基本操作

準備

新規レイヤーを追加

新規ドキュメントを作成する。

写真を配置する。

塗りつぶし範囲選択

選択ツール

好みの選択ツールを選択する。

トーンを貼りたい範囲を選択。

新規レイヤーを追加する。

編集>塗りつぶし

内容:パターン
オプション:スクリプトにチェック「✔」、Screen_Pattern_jp
を選択して「OK」をクリックする。

Screen_Pattern_jp を設定する。

インストール

Creative Cloud から Photoshop の 「プラグイン」をクリックする。

Comic Kit で検索する。

詳細情報をクリックする。

Webページでインストールする。

ComicKit

コメント

タイトルとURLをコピーしました