No.3 狭心症と診断される前の体調について

自身のこと

私には、病院を受診した時の「症状」と受診することになった「きっかけ」がありました。

受診した時の「症状」

「症状」は、胃痛です。外で夕食を取って、帰宅し横になっているとき。家で夕食を終えて横になってるとき。風呂に入って熱いシャワーを浴びているとき。そんなときに、みぞおちがギューとしまるような軽い痛みがありました。痛みは2、3分位で治まっていました。

今思えば胃痛ではなく狭心痛だったのだと思います。

3週間位たった最終段階には、強烈な痛みまでになります。この話は、後述したいと思います。

この痛みが心臓の痛み?

これが心臓の痛みだとは微塵も感じていませんでした。この時は、ただの胃痛だと思っていました。胃痛と全く同じ痛みでした。

それ以外の「症状」

https://www.irasutoya.com/

肩凝りです。学生の頃から肩凝りが酷かったです。仕事を始めると肩凝りは、さらに酷くなりました。一日中パソコンに向かって仕事していることが多く、とても肩が凝ります。酷くなると、頭が痛くなったり、目の奥が痛くなったりします。

普通は、マッサージに行ったり、ストレッチをすることで解消していました。ボールを肩に当ててグリグリすることもありました。

ところが、狭心症と診断される前は、マッサージをしても、ボールでグリグリしても、凝りが取れることはありませんでした。肩の後ろ辺りが痺れることもありました。

これが狭心症と関係があったかどうかは分かりません。もしかしたら関係あったのかもと、考えさせられます。

\EPA・DHAでサラサラ生活/

一般的に言われる他の「症状」

足の指先の痛みや歯痛なども、テレビやネットで紹介されています。私にはありませんでした。

病院を受診する「きっかけ」

上の症状を知人に話をしたら、それを知り合いの看護師に話をしてくれました。
「それは、病院に行った方がいい。」
と言ってくれたのです。

私が命を繋ぎ止めることが出来たポイントが幾つかあるのですが、これが、最初のポイントだったと思います。

感謝しかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました