No.10 急性心筋梗塞を起こして病院に運ばれます

自身のこと

ステントを入れてから約1年後のことでした。気分的にもモヤモヤしているときに起きました。

倒れるまで

2月の寒い日でした。

仕事を終えて出先で夕食にお酒を飲みます。

ホテルに戻って少しゆっくりして、お風呂に入りました。少し体調がすぐれません。軽くのぼせた感じがしました。

この時は、胸を締め付けるような胸痛も胃痛のようなものも有りませんでした。

ホテルの内線で体調が悪いことを伝えるとホテルマンが来てくれました。

ホテルマンが来たことに安心してベッドで眠りに付きました。少し息苦しいだけで胸痛は有りませんでした。

アルコールが入っていていたから痛くなかったのかも知れません。

実際には、眠ったのではなく急性心筋梗塞を起こして倒れていました。

目が覚めます

一瞬夢を見ました。凄い遠くで、3年前に他界した祖母が船に乗って遠くの方に流れていっていました。あっという間のシーンでした。会話はありませんでした。

続けて別の夢を見ます。凄くトイレに行きたくなる夢でした。トイレが見つからず我慢の限界です。立ち小便をするしかない。。。

と、言うところで目が覚めました。どこかと思ったら病院でした。まわりには、母と兄が居ました。だんだんと意識がはっきりしてきましす。

救急車で運ばれたらしいです。私は救急車に乗った記憶は全くありません。完全に意識を失っていました。

ホテルで倒れた時に消防隊員さんたちが「こりゃまずい。」と言っていたような気がします。夢ではなく一瞬意識が戻ったのかもしれません。

自分の名前、何処にいたか、目の前の人たちは誰か、色々なことを聞かれました。異常はなさそうです。

救命救急センターでのこと

意識確認、記憶は問題ありませんでした。

病院(救命救急センター)で3日間意識不明だったのを聞かされます。

酸素吸入器をしていますが呼吸も苦しくありません。

点滴やら心電図の線やら、酸素吸入器やら、体中に沢山の管が通っています。大人のおむつをしています。寝返り禁止といわれました。

自分の体はまだまだ危機的状況なのだと知りました。

ふたりに凄い迷惑をかけたこと、とりあえず親より先に死なずに済んだことに、ほっとしていました。それから、母と兄の手を取って泣いていました。

\健康診断だけで大丈夫?/
\ポンタポイントが使える・貯まる/

救命救急センター 5日目

熱が出てきます。息も苦しくなってきました。深く呼吸出来ていたのが、走ってい時のように「ハッ、ハッ、、、」という浅い呼吸しかできません。

回診に来た先生に「もっと深く呼吸して。」「目を覚ました時は出来てたよ。」と言われて初めてまともに呼吸が出来ていないことに気が付きます。熱があるから呼吸が出来ないと思っていました。

肺炎(おそらく誤嚥性肺炎)にかかっていました。

その間にも体を起こしての心臓機能検査(心臓リハビリを行います。)ベットの上で上半身を起き上がってその状態を3分位キープする。をやりました。これは問題ありませんでした。

心エコーを見ます。心臓が一部動いていないのが、私が見ても分かります。たこつぼ型だと言われました。心臓の一部で血液の渦溜まりが出来てるのが分かります。

心臓の動きは大体5割位と言われました。水の摂取制限が出ました。1日500ccです。看護師が量をチェックしてくれていました。

その後、肺炎の状況が悪化して喀血を起こします。まったく寝れません。咳をするたびに痰に血が混じります。のどがイガイガして痛いです。痛いので咳と痰を我慢します。呼吸が苦しくなります。

喉が痛いのに摂取制限があるので水が飲めません。うがいはいいと言われたので、うがいでしのぎました。

肺炎の症状が悪化してきたのでリハビリ関係は中止です。

肺の底に痛みを感じます。おそらく、肺に血がたまってしまったのだと思います。とにかく喀血して肺から血を追い出します。これを2日ほど続けて、肺が楽になるのを感じていました。熱は下がりません。

肺炎の為の点滴を打ってもらって数日かかってやっと楽になりました。それまでは、今まで体験したことのない苦しみでした。お年寄りが肺炎で亡くなるという理由が分かったくらい辛かったです。

この間、ほどんど寝れずに、初めて幻聴や幻覚を体験しました。

幻聴は、夜に病院の外で暴走族が暴走している音でした。看護師に「外で暴走族でも走ってるんですか?」と尋ねたら、「全然走ってませんよ。静かです。」と言われました。それでも、私には走っている音が聞こえていました。

国道の信号から信号までの2区間分を暴走族が埋め尽くして大勢で走っているのを実際に見たことがありましたが、そのときのような音でした。

幻覚については、今でも覚えているので、PCで絵を書けるようになったら書いてみたいと思います。2つ見ました。

肺炎の症状が落ち着いてきたときに、ラジオを流してくれました。今でも、聞いていたラジオ局を聞くと、この時のことを思い出します。

1週間ちょっとだった思います。肺炎が落ち着いて別のICUに転室します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました