No.4 狭心症と診断されるまで

自身のこと

病院に行った方がいい、とは言われましたが、心の中で「大したことないだろう。」と思っていました。外せない仕事がありました。仕事が軽くなってから病院に行きました。

病院に行った方がいいと言われてから、一週間後位だったと思います。

スポンサー広告

病院に行きます

https://www.irasutoya.com/

近くの町医者に行きました。しかも、外科です。問題ないと思っていましたから。。。

医者から
「う~ん、私は外科専門だから断言出来ないけど問題ないと思うよ。」
受診した科を間違えたなぁと思いつつ、問題ないと言われたことに安心していました。

でも、専門外と言われたことに引っ掛かるものがあり、最後に、
「でも、間違いなく痛みはあるんです。」
と、言っていました。

この一言は、命を繋ぎ止めるポイントだったと思います。

すると、医師は
「じゃあ。念の為、薬を出しとくよ。痛みがあったときに、それを飲んで。」
と言われて薬を処方してもらいました。

処方された薬は

ニトロペン舌下錠です。

昔から使われている心臓病の頓服薬です。テレビとか小説とかではニトログリセリンって言われてるやつだと思います。

医者から
「痛みがあったときに使って。それで痛みが引いたらまた病院に来て。」
と言われました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました