リアディレイラー(RD-5800)を調整してみる

ロードバイク

5800系なんて今更ですが、記録として残しておきたいと思います。

調整方法(YouTube)

GCNの動画を参考にしました。

メーカの取扱説明書とは違う説明をしていますが、やろうとしていることは同じだと感じています。

実作業でどう作業したらいいかと言う点に重きを置いて説明していると思います。

やってみて、動画にはないパターンの調整が必要になりましたので追加しています。

調整してみる

呼称

ハイボルト
(トップ側調整ボルト)
ケーブル調整ボルト
(調整ボルト)
ローボルト
(ロー側調整ボルト)
エンドアジャストボルト
(Bテンションアジャストボルト)

上段は動画内での呼称です。(下段)は取扱説明書に書かれている呼称です。

アウター・トップ側調整

取付け等は省略します。

  1. ポジションをアウター・トップにする。
  2. ②ケーブル調整ボルトをCW方向に回してケーブルを緩めておく。
  3. トップから2枚目に入るまで①ハイボルトをCW方向に回す。
  4. ①ハイボルトをCCW方向に回してトップに入れる。
  5. ディレイラーを手で軽く押してギヤを2枚目に入れる。手を離すと直ぐにトップに入るようにする。
  6. 入りが悪ければ①ハイボルトを調整しスムーズに入るようにする。

中間ギア調整

  1. リアのギヤを2枚目のポジションにする。レバーを少し倒して3枚目に入る直前にする。
    (2枚目に入らない時は、②ケーブル調整ボルトをCCW方向に回してケーブルを張って入るようにする。)
  2. この時に3枚目に入らないでカタカタいえばOK。
  3. 3枚目に入ってしまった場合は②ケーブル調整ボルトをCCWに回す。
  4. 全くカタカタ言わない場合は②ケーブル調整ボルトをCWに回す。

トップ側の動作確認

  1. トップ、2枚目、3枚目がレバー操作でスムーズに動作するか確認する。

インナー・ロー側調整

  1. ポジションをインナー・ローにする。
  2. ③ローボルトを回してローギヤとガイドプーリーが真っ直ぐになるように調整する。

変速微調整

変速がスムーズに行かない場合は微調整が必要です。

  1. 全ポジションで変速具合を確認する。
  2. 変速がスムーズにいかない場所にもっていく。
  3. ②ケーブル調整ボルトを1ノッチ(ほんの少し)ずつまわしてスムーズに変速するようにする。
  4. 全ポジションで変速具合を確認する。

これを繰り返し行い、全ポジションでスムーズに変速するようにする。

・②ケーブル調整ボルトは少しずつ回して下さい。
・1か所調整したら全ポジション確認して次のギアでの調整を行って下さい。
・アップ側動作、ダウン側動作で変速具合が変わるので必ず両方確認して下さい。

やり過ぎて調整がおかしくなったら、最初からやり直して下さい。いくらやっても、上手く行かない場合は、ショップに持ち込むことを考えて下さい。

チェーンの張り調整

  1. ポジションをインナー・トップにしてチェーンのたるみを調整する。
  2. たるみがある場合は④エンドアジャストボルトをCWに回して調整する。
  3. つっぱっている場合は④エンドアジャストボルトをCCWに回して調整する。

正確にはリアのスプロケットとプーリーの間隔調整になります。この調整で変速のレスポンスが良くなったりするようです。

動作確認

  1. 動作確認、試走を行う。
  2. 変速動作が鈍いときは②ケーブル調整ボルトをほんの少し回す。
  3. 調整をしたら、必ず全域で確認すること。
  4. 試走する。

これを繰り返して下さい。

ポイント

何回かやってみてわかったことがありますのでメモしておきます。

①ハイボルトはトップギアのポジション、③ローボルトはローギアのポジションを決めているだけ。

トップ、ローギア以外の中間ギアの変速がスムーズに動作するかどうかは②ケーブル調整ボルトで行う。

ハイボルト、ローボルトを調整すると端の位置が変わるので、理論上は中間ギアの変速にも影響してくる。

全域で変速がスムーズに行われるには②ケーブル調整ボルトの微調整が必要になってくる。
全域の変速がスムーズに行われるようにするには、慣れ(技と根気)が必要。

これはなんとなくなのですが、ワイドだと調整が難しくなるような気がします。

最後に (必ず読んで下さい)

調整をする時は自己責任で行って下さい。
調整後は十分な動作確認、試走を必ず行って下さい。
不安がある場合は専門店等に依頼して下さい。
メーカの取扱説明書を必ず読んで下さい。

ロードバイクの特性等を知るのにとても勉強になりますが、構造を知らずに適当に行うのはとても危険です。必ず構成・特性をしっかりと理解したうえで調整して下さい。

必ず試走をして下さい。体重等の負荷が掛かると変速具合が変わったり、ケーブルがなじんで再調整が必要になったりします。

何回かやっているとそのうち理解できます。一回であきらめずに何回か挑戦してみて下さい。

不安があるロードバイクに乗るのは、精神面から疲労します。自分には無理だ。と思ったら、専門店に依頼して下さい。

メーカの取説には注意事項などが書かれています。必ず読んで内容を理解して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました