ヴィットリア コルサ グラフェン2.0(Vittoria CORSA GRAPHENE2.0)インプレ

ロードバイク

次の新しいタイヤを何にしようか考えた結果、ヴィットリアのコルサにすることにしました。

重量比較

一覧表

メーカー23C25C28C
EXTENZA R1X180g190g
AGILEST180g190g210g
P ZERO RACE205g225g
GP5000200g225g240g
CORSA210g200g250g

コルサのラインナップ(23C/25C/28C)

メーカー23C25C28C
CORSA GRAPHENE2.0245g255g270g
CORSA N.EXT (※)210g200g250g
CORSA CONTROL265g280g
CORSA SPEED

ヴィットリアのコルサにも、いくつかのラインナップがあります。まずは、ラインナップについて、簡単にまとめておきます。

コルサ スピードについては、クリンチャーのラインナップがありませんので、説明は省きます。

全てのラインナップのデータについて
“vittoria.com”を参照しています。
 N.EXTの正しいサイズは、24C/26C/28Cです。
  24Cと26Cで重量が、なぜ逆転しているのかは不明です。

コルサ グラフェン2.0

今回購入した品

箱外観

今回付けたのは、ヴィットリア コルサ グラフェン2.0です。恐らくこれが、コルサのスタンダード品だと思いチョイスしました。

”コットン”ケーシングにより、グリップ力と快適性を獲得。コンパウンドにより、転がり抵抗を抑えて、耐久性を実現しています。

このタイヤで、ツール2021とブエルタ2021を優勝しています。

「Foldable(フォルダブル)=クリンチャー」です。

コルサ ネクスト (N.EXT)

次世代のコルサ

2022年7月にクリンチャー、チューブレスレディでラインナップされた、コルサの中で一番新しい商品です。新コンパウンドにより、転がり抵抗、グリップ性能、耐摩耗性を向上。”ナイロン”ケーシングが耐久性を向上させているようです。

重量についても、かなり改善しています。

コルサ コントロール

ラフな路面対応

コンパウンドを厚くしたことにより、耐パンク性を向上。”コットン”ケーシングにより、グリップ力と快適性を獲得。

このタイヤで、ストラーデ・ビアンケ2021とヘント・ウェヴェルヘム2021で優勝しています。

【公式サイト】ヴィットリア

インプレッション

今回のタイミングで、ホイールも変えています。ホイールを変えたことで、タイヤサイズも23Cから25Cに変わりました。

〇 グリップ力

https://www.vittoria.com

グリップ力があるように感じます。雨のときも走りましたが、グリップに不安は感じませんでした。

トレッドパターンですが、縦にスリットが入っています。外側になるにつれて、スリットの間隔が狭くなっています。この縦のスリットとコンパウンド(ゴムの質)が、グリップに影響しているようです。

△ グリップ力の変化

タイヤの内側と外側で、スリットパターンが違うので、グリップ感が急に変わる感じがすることがあります。

〇 振動吸収

路面の振動を、吸収してくれます。路面状況が、ダイレクトに伝わらないようになって、ばねのような感じで、段差があったとき、少しだけ遅れて衝撃をふわりと吸収してくれます。段差が連続すると、少しだけ跳ねるような感じになります。

これは、タイヤの特性もあると思いますが、23Cから25Cに変えたことも影響していると、思われます。

△ 全体的に柔らかい

ひとつ前の項目に書いたように、吸収性があります。私としては、少し柔らか過ぎる感じがします。

できるだけ条件が同じになるように、同じインナーチューブを使ったり、空気圧を一定にしています。空気圧を少し調整して、どのように変化するかやってみたいと思います。

好みになってくる部分だと思います。

〇 サイドウォールカラー

取付イメージ

カーボンホイールだと、全体が黒なので、通常の黒にすると一体感が出せると思います。アルミホイールだと、リム部分が、ブレーキ部分のリムは銀色、スポーク付近のリムは黒だったりします。サイドウォールカラーを飴色に変えてみるのも面白いです。結構、印象が変わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました