【コース】荒川サイクリングロード 通称:荒サイ(東京、埼玉)

プロモーションが含まれています。

荒川_看板 コース・ルート

\ アウトレットセール 最大90%OFF /

関東では有名なサイクリングロードです。さいたまクリテリウムが開催されると、海外の招待選手が調整で、荒サイを走っているという目撃情報をSNS上で目にします。端から端まで走ろうとするとそれなりの距離になります。

記事中にも書いていますが、各所に走りづらい道があります。記事で紹介したルートを私が推奨・保証しているわけではありません。
現状の交通ルール等に従って下さい。
もしこの記事を参考にされて走って、何らかの事象に遭遇、巻き込まれる等したとしても、それは自己責任でお願いします。

コース概要

荒川マップ_彩湖

埼玉県、山梨県、長野県の三県が境を接する甲武信ヶ岳に源を発し、秩父山地の水を集めながら秩父盆地まで東に流れる。秩父盆地から長瀞渓谷まで北に、その先は東に流れて大里郡寄居町で関東平野に出る。熊谷市で南南東に向きを変え、川越市で入間川を併せる。戸田市から再び東流、埼玉・東京の都県境を流れ、北区の新岩淵水門で隅田川を分ける。その後、足立区で向きを変えて再び南流し、江東区と江戸川区の区境で東京湾に注ぐ。

Wikipediaより

距離があるので分割したいと思います。上流の起点を「彩湖・道満グリーンパーク」にします。行ったことがありませんが、彩湖から更に上流の熊谷あたりまで行けるようです。

特に何も明言していない場合は、下流(河口)から上流に遡上する形で書いています。

右岸

新砂_看板

バイク侵入防止柵はあるものの、道路は舗装されていて走りやすいです。左岸に比べて人出が多い様に感じます。

上流 :彩湖・道満グリーンパーク(左岸)
 ・左岸にありますが右岸からも簡単にアクセスできます。
下流 :新砂 船着場
距離 :約50km

右岸にアクセスできる一番河口側の場所は、「清砂大橋」の下です。

左岸より右岸の方が簡単

殆ど土手下を走って、道に沿って土手上を走る感じなので左岸に比べて簡単です。

主要休憩場所・スポット

右岸の休憩場所の殆どが水門です。当然サイクルラックやお手洗いはありません。お手洗いはグランドなどにあります。コース上に自販機などの補給できるものの設置はされていないので、補給するには街に出る必要があります。自販機であれば、日暮里舎人ライナー「足立小台駅」(ケーズデンキ)が、近くて分かりやすいです。

荒川ロックゲート

荒川ロックゲート

堀切駅・墨田緊急用船着場

堀切駅_墨田船着場

サイクルラック無

スペースがうまく取れずマップ上に描けませんでしたが、堀切駅手前の右手に「墨田緊急用船着場」があります。

岩淵水門

岩淵水門

朝霞水門

朝霞水門

右岸から彩湖(左岸)へ行く方法

右岸から、彩湖の近くにある橋を使って左岸へ出る方法は、以下の二通りです。実走動画を作りましたので、そちらを見てもらうと分かると思います。笹目橋の動画は、下に貼ってある動画の概要欄から見ることができます。どっちらも未舗装路を走っています。

国道17号 笹目橋

「首都高5号池袋線」横の「国道17号(笹目橋)」を使って左岸に渡ると、直接左岸のサイクリングロードにアクセスできるようになっています。

秋ヶ瀬橋

もう一ヶ所は、一度彩湖を越えて「朝霞水門」の先にある「秋ヶ瀬橋」を渡って「昭和水門からアクセスできます。

実走動画

左岸

臨海臨時船着場

首都高中央環状線は荒川左岸に平行に走っていて、首都高高架の為に土手が補強されて柱が立っていたりします。綾瀬川や中川など荒川の支川が、並行して流れています。右岸と同じように、バイク侵入防止柵はあるものの、道路は舗装されていて走りやすいです。

上流 :彩湖・道満グリーンパーク
下流 :臨海 緊急用船着き場   
距離 :約40km

左岸にアクセスできる一番河口側の場所は、「葛西橋」です。

左岸は少し複雑

左岸は道を間違えると、行き止まりになっていたり、砂利道に出てしまったりして少し複雑です。キッチンとれたてあたりから複雑になっていきます。

主要休憩場所・スポット

右岸と同じように、休憩場所の殆どが水門です。お手洗いはグランドです。「荒川・扇河川健康公園」に自販機が、キッチンとれたてに軽食・自販機があって、営業中であれば利用できます。

中央環状線下補強土手

高速土手下

綾瀬水門

綾瀬水門

荒川・扇河川健康公園

荒川・扇河川健康公園

サイクルラック無

ゴルフ練習場に自動販売機があります

キッチンとれたて

キッチンとれたて

サイクルラック有

実走動画

関連記事

荒川と江戸川を自転車で移動

江戸川サイクリングロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました